高コレステロール血症の原因は高カロリー食

MENU

高コレステロール血症の原因は高カロリー食

血液中の中性脂肪やコレステロールの濃度が高すぎる疾患を、高コレステロール血症と呼んでいます。中性脂肪が多いタイプ、LDLコレステロールが多いタイプ、そしてHDLコレステロールが少ないタイプに分けられます。LDLコレステロールは、肝臓で処理するべき余分なコレステロールを血液を通して運んでしまい、血管壁にコレステロールがたまる原因を作り出します。一方、HDLコレステロールは余分なコレステロールを細胞壁から運び出す良い働きをしています。高コレステロール血症では、痛みなどの自覚症状がないまま、中性脂肪やLDLコレステロールが血管内部にたまり、症状が進んでいきます。そのままにしておくと、動脈硬化を起こす危険がある疾患です。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞を誘発するため、普段から健康診断などを受けることが大切です。主な原因は、動物性脂肪の多い高カロリー食です。動物性の脂肪は、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを増やします。その他、アルコールの飲み過ぎや運動不足も原因になります。症状を緩和するためには食べ過ぎに注意し、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく摂取する必要があります。マグネシウムやタウリンを多く含む牡蠣や、オメガ3脂肪酸を含む青魚も、高コレステロール血症の改善に効果的です。