注意が必要な血中コレステロール

MENU

注意が必要な血中コレステロール

血中コレステロールとはその名の通り、血液中のコレステロールのことです。これにはLDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があります。そしてコレステロール値が高いと聞くと、健康にとってあまり良いイメージがありませんが、実際身体にとって良くないのはLDLコレステロール値が高い場合です。LDLコレステロールとは悪玉コレステロールのことを言い、これが増えすぎると血液中に蓄積し、血栓となったり、血管を詰まらせてしまう恐れがあります。つまりこれが心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化の原因になるのです。一方、HDLコレステロールは善玉コレステロールとも言い、悪玉コレステロールを回収する作用があります。そのためHDLコレステロール値は高くても問題はありません。むしろ、動脈硬化予防になります。
このように血中コレステロールは2種類あり、注意が必要なのはLDLコレステロールです。この値が高いと、心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす可能性があります。そのため、健康診断などでLDLコレステロール値が高かった場合は日頃の生活習慣や食生活を見直す必要があります。それにより生活習慣病を予防し、健康的な身体にすることができます。