高脂血症になる原因について

MENU

高脂血症になる原因について

高脂血症の原因は、大きく生活習慣と、遺伝的なものがあると言われています。
まず、生活習慣についてですが、その中でも食生活が大きな要因になります。
例えば、動物性脂肪を多く摂取する傾向にある場合です。動物性脂肪とは、肉の脂身やバターなどの乳製品の中に多く含まれているものですが、これは、結果的に飽和脂肪酸を摂取することになり、血液中の悪玉コレステロールを増やしてしまいます。
また、甘いものやお酒の過剰摂取についてですが、甘いものもお酒も、ブドウ糖が含まれます。これらは、最終的には、中性脂肪を増加させます。飲酒は、少量であれば、善玉コレステロールを増加させ、健康にも良いと言われていますが、その量に注意して摂取する必要があるということです。
コレステロールを多く含む食物は、やはり、血液中のコレステロールを増加させてしまいます。卵や、レバー、鶏肉の皮などには、コレステロールが多く含まれており、やや控えめに摂取することを心がけることが大切です。
その他の原因としては、ストレスや喫煙があります。体はストレスを感じると、ホルモンを作り出しますが、その時に、ホルモンが減量となるコレステロールが増加してしまいます。また、喫煙は、悪玉コレステロールと、中性脂肪を増加させることで知られています。